最新の顕微鏡

金属加工をするドリル

顕微鏡とは、光学的、電子的な技術を用いて、小さな物体を視覚的拡大し肉眼でも見えるようにする装置です。主に光学顕微鏡のことを言います。 顕微鏡は、さまざまな分野において貢献をしてきました。そしてまた改良を重ねられることで新しい形式の顕微鏡も作られて使用されています。 常に生命活動を行っている動物の体についてもこの装置によって多くの謎が解明されてきました。しかし、まだまだ多くの謎が残されています。そこでNikonでは、従来の約2倍の解像度で見ることの出来る装置が開発されました。更に生きた細胞の超解像映像を連続で撮影できます。細胞の変化がより如実に研究することが可能です。このように、人の知りたいという好奇心でますます装置は機能を高めていくでしょう。

顕微鏡の種類は、用途によって多く異なります。生物観察のためのものや、工業用で主に金属を見るためのもの、標本が立体的にみえるものなどがあります。 顕微鏡は、学校教育でも使われています。注意するべき点は、レンズが汚れていないことを確認します。汚れているとその汚れ自体が見えてしまいます。そして、見たいものがきちんとレンズの下になるように設置してください。照明操作も大事です。きちんと標本に光を当てましょう。見えやすい照明の調節をするとよりはっきりと標本が見えます。そして標本と対物レンズがぶつからないようにしながら、ピントを合わせます。環境の注意点は、直射日光が当たらない場所で観察することです。そして用途によって使い分けましょう。