必要な試験片

加工された金属

機械等を設計する上で、金属加工素材を使いますが、そうした中で試験片を通して、引張試験等を行う必要があります。引張試験だけでなく、硬さや衝撃の試験も重要になります。特に引張試験においては応力とひずみとの関係を測定し、弾性、比例等を行います。実際に金属の素材だけで言っても、鉄鋼、ステンレス、スチール、アルミ、銅等多岐に渡ります。そうした中でお得に、利用する方法としては、一度インターネット上で、こうした引張試験に使用する試験片を販売業者をよく選定する必要があると言えるでしょう。そうする事で、通常よりも大変リーズナブルな価格で、大量に試験片を知れることが出来、コスト削減に繋がりますので、是非一度検討下さい。

平均的な相場としましては、前述した様に、一般的な価格よりもコストを削減出来る可能性が充分にあります。通常試験片をお求めになる企業というのは、研究機関であったり、研究室、塗料メーカー、接着メーカー、医療メーカー、石油メーカー、複合科学メーカーであったりしますが、国から補助が出ている場合とそうでない場合では大きく異なりますし、競合企業との差別化を図る意味で、販売価格を大幅に抑えている企業もます。そうした企業で取引を行った所150万円かかっていた費用が約70万円前後、49%にまでコスト削減できたというケースもあります。ですので、一度インターネットで、引張試験における試験片の販売業者を検索し、一度相談、見積もりを行っていくのが望ましいでしょう。